2013年05月01日

2013春 (第2回)の活動報告

ご協力ありがとうございました!
「第2回ふくしまっ子リフレッシュin湘南」で輪が広がりました!

○2013年3月27日〜31日、今も厳しい環境にある、福島県南相馬市、福島市、飯館村避難者、合計10家族(15世帯)32人を招待し、放射能を気にせずに、江の島とこどもの国で楽しく遊び、湘南の市民と交流し、心身ともにリフレッシュして頂くことができました。
 湘南地域の大勢の皆さまのご協力で、怪我もなく、無事終了する事ができました。ご協力ありがとうございました。
○今回は日大の糸長教授の紹介で、全村避難中の飯館村の方たち11人も来ていただき、輪が一回り広がりました。
○江の島展望灯台とエスカーは江ノ島電鉄の協力で入場無料、新江の島水族館は割引料金、こどもの国は宿泊・入場無料にして頂き、思い出をいっぱいつくることができたようです。交流会には約100人が参加し、腹話術やバルーン、片瀬ゴマ等で興じました。
○毎日新聞、タウンニュース、FM湘南などマスコミで宣伝でき、ご協力いただきました。
○福島のお母さん:「私の住んでいる所では、注意を払って生活するおかしな状態ですので、何も気にせず、あたり前の生活ができると言うことは、心身共に、まさにリフレッシュです。このような企画が息の長いものであったら嬉しいです。福島の子ども達が、皆が、保養に長期間いけるような取り組みが、環境があったら良いですね」
○福島の子どもたち「トランポリンが楽しかった」「友達と遊んで楽しかった」「イルカショ―良かった」
2013春の写真1.JPG2013春の写真2.JPG
新江の島水族館で 2013.3.29

○放射能被害はこれからも続きます。「ふくしまっ子 リフレッシュ in 湘南」は引き続き続けます。皆さまのご支援を今後ともお願致します。
         (福島の子どもたちとともに・湘南の会 代表 青柳節子)

 ↓第2回の収支決算書のワードファイルは以下をクリックしてください。
収支決算書2013.3.doc

posted by fukushou at 00:00| 日記